« 焼肉(*^-^) | トップページ | 頭文字Dとサーキットの狼(その2) »

2009年12月13日 (日)

頭文字Dとサーキットの狼

なかなか手に入らなかったんですが、

最近になって、ようやく入手出来た、

トミカリミテッド 頭文字D Limited Stage より

AE86 TRUENO(藤原 拓海)

007 010

008 011

009 012

プロドライバーを目指す夢を持ち自らの意思で「プロジェクトD」に参加した。主にダウンヒルを担当し、圧倒的に強い相手とのバトルでもギリギリの状況で覚醒し進化する力を持っている。心から信頼する涼介からのレクチャーと拓海のスーパーテクニックが融合した走りは、まさに公道純粋培養の公道スペシャリストの姿といえる。(パッケージより)

トミカリミテッドのAE86 TRUENOは、

1st.ANNIVERSARY SPECIAL SELECTION にADVANカラーが、

TOYOTA AE86 LEVIN/TRUENO 4MODELS には銀/黒ツートンと、赤/黒ツートンの2台がパッケージング

そして、通常シリーズ№007の白/黒ツートン

が存在します。

(以前当BLOGでUP済)

http://madamadathinking.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_4be4.html

同じ漫画作品としてスーパーカーブームの火つけ役となった「サーキットの狼」。

今更ですが

京商サーキットの狼Minicar Collectionより

YATABE RS(風吹 裕矢)

016 019

017 020

018 002

漫画サーキットの狼オリジナルのマシン。マシンのヒントはピニンファリーナのディノ・コンペティツィオーネという世界で唯一のショーモデルであった。

その、ピニンファリーナのディノ・コンペティツィオーネ

こちらも今更ですが、

京商Ferrari Minicar CollectionⅢより

Dino 206 Competizione

003 005

004 006

「美しい自動車」の代表例として真っ先にその名が挙げられるディーノ206GT/246GT。そのプロトタイプ的存在として位置付けられるのが、1967年のトリノショーに出品されたデザインスタディである、このディーノ206コンペティツィオーネだ。流麗なボディはもちろんピニンファリーナの作品。(付属カードより)

pencil pencil pencil

天気もすっきりしないし、

楽しみにしていたMTB走行会にも参加できんかったし、

会社からの電話は気になるわで、

なんや、テンションの上がらん休日でした・・・

|

« 焼肉(*^-^) | トップページ | 頭文字Dとサーキットの狼(その2) »

ミニカー」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

KYOSHO」カテゴリの記事

TOMICA LIMITED」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508215/47013437

この記事へのトラックバック一覧です: 頭文字Dとサーキットの狼:

« 焼肉(*^-^) | トップページ | 頭文字Dとサーキットの狼(その2) »