« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

ブルー

new4月発売の

トミカリミテッド No.0118

NISSAN SKYLINE 2000GT-B

日本GP仕様

今回の2000GT-Bは、2007年のトミカ博で実車の展示が行われていて、

E020

イベントモデルとして、トミカも発売されてたんですよね~。

もちろん買いましたよ~

E024

で、本日発売の2000GT-Bと、

トミカイベントモデルを比較してみましょう!

左が本日発売のトミカリミテッド、

右がトミカイベントモデル。

004 008_2

005 001

006 002_2

007 003

どちらも鮮やかなブルーなんですが、

トミカリミテッドの方が、水色がかってます。

内装の色は、トミカリミテッドは黒、イベントモデルは白。

ホイール、タイヤはもちろんの事、エンブレム類はさすがにトミカリミテッド側の方が再現性があります。 

当たり前ですね!

決定的なのは、上の実車を見てもわかるように、ライトに施された”米”がイベントモデルには無いんですなぁ・・・。

トミカイベントモデルには、「TOMICA EVENT MODEL」のロゴが入ってます。

細かなディテールまでを比べて見てみると、やっぱりトミカリミテッドですねhappy01

bicycle bicycle bicycle

朝は少々冷え込むも、

真っ青な空の下、本日もMTB走行会に行ってきました~wink

E012 E019 

木々の間から射しこむ太陽の光を浴びながら、今日も皆で頂上を目指します~。

E016

さわやかな気候の中、頂上まで登りきったメンバーの表情は皆さんいい顔してますね~happy01

E021

ここのところ欠かさず走行会に参加しているだけあって、以前の辛さはそれほどなく、他のメンバーに放される事なく登りきる。

グリーンでコーディネントされた我が愛車の

GARY FISHER Piranha

E020

いつものフルサスマシンに代わって、本日ハードテイルマシンで参加は、赤いウェアとマシンのコーデイネイトがバッチリ決まってる長老TSさん。

E022

元気ですわ~。「俺に続け~」と先頭を走る~bicycle

そして、Remedy投入は、NK店長。

E023

こちらもホワイト&ゴールドのコーディネイトが決まってます~。

いつも引率御苦労さまですッ!

いや~、今日も楽しく走れました~bicycle

ではではpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

久々の更新です~

いやぁ~、最近パソコンを立ち上げる余裕もなく

久々の更新となりました~。coldsweats01

更新していない間も、拙いブログにもかかわらず、ご訪問下さる方がいて感激です。

既に3月末に発売されております、

トミカリミテッド No.0117

TOYOTA PRIUS

いろいろありました3代目となるトヨタのハイブリッドカー、プリウス。

009 012

010 007

011 008

またしても、ヘッドライト、リアランプは印刷処理ですね。

トミカリミテッドは通常品と比べてディテールアップや、実車同様のホイール、ゴム素材のタイヤとなっていますが、是非ともライト類もクリアパーツで頑張って欲しいですね~。

せめて前後どちらかでもいいんで・・・。

あッ、もう今日は4月のトミカリミテッドの発売日ですね。

bicycle bicycle bicycle

先日の日曜日もMTB走行会に参加。

朝の早くからお店に集まる面々。先週の雨とうってかわっての陽気に、店の前、店の横にはいつもにも増して18名の大人数。

E001 E002

木々の間から射しこむ朝日を受け、皆さん登りの準備。

E003 E004

いつもは最初の休憩地点から、そのまま下りに突入するショートコース組、更に上を目指すミディアムコース組、そして頂上までのロングコース組に分かれるんですが、先日は全員でミディアムコースまで上りました。

今回2回目の新人NIさんも頑張ってミディアムコースまで上らはりました~happy01

緑の山にヤマツツジの紫が映えますね~。

E005

こいつは、出発前にお店で交換してもらった、クロマグサドルnew

今までのサドルよりも少々硬いですが、いい感じでおしりにフィット!

カラーリングもいい感じです~happy01

E009 E008

メンバーの中にもクロマグサドルに交換された方が結構おられましたね~。

豊富なカラーリングと、デザインも人気。

きつい坂を登りきり休憩地点に次々到着するメンバー達

E010 E012

ミディアムコースの休憩地点では、このポイントはこういうふうに走るんです~と、KJさんが、すんばらしい神の走りを披露。

おおっ~

E017

真似できません・・・。

披露後のKJさん。ご満悦。

018

5月に開催される王滝レースに参加されるメンバーはここからロングコースに、

以外のメンバーはここから下りに突入。

E020 E022

下りに入ってからも随所で披露されるKJさんの走りに皆が注目。

E023

いやいや天気にも恵まれ、

Ecaxz5fo1

気持ちのいいトレイルとなりました~。

お店までの鴨川沿いには、これまた鮮やかな黄色の菜の花が広がります。

E026 E024_2

pencil pencil pencil

帰宅後は、ちょっとしたドライブを兼ねて息子と宝が池公園へ。

無料の駐車スペースに停めようと思っていたんですが、え~らい行列が出来てましたんで、仕方なく国際会議場付近の有料駐車場まで移動しました。

春のポカポカ陽気に誘われて公園も結構なにぎわいです。

花や木々に包まれた宝が池公園

息子がカメラを貸して欲しいというんで、渡したら色んな木の写真を撮ってくれました。

E034 E036

E038 E039

E047 E044

宝が池公園には、過去何度か訪れた事があるんですが、

初めてボートに乗りましたよ~

E062 E064

池の上から見た京都国際会議場。

数々の主要会議が開催されたこの会議場。

日本で最初の国立の会議施設なんですよね~。

平日は仕事で忙しい日々を送っておりますが、

走行会メンバーや、息子とはしゃぎ

自然と触れ合った一日でした~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

起きたんで

京商 Ferrari F1 Collection

1976 312T2 #1

007 008

ニキ・ラウダの76年型マシーン。

ドイツグランプリで大事故に見舞われるが、6週間後のイタリアグランプリで復帰を果たし、前年に続くコンストラクターズをチームにもたらした。

京商 Ferrari F1 CollectionⅡ

1977 312T2

009 011

0101976年型よりノーズ、リアウィング等の変更が行われた1977年の312T2。

#11はドライバーズチャンピオンに輝いたニキ・ラウダ。#12はカルロス・ロイテマン。

1976年型/1977年型 312T2を並べて見ましょう~

006 012

013 014

随分前のミニカーでごめんね~coldsweats01

pencil pencil pencil

今日もMTB走行会の為に、5:30に起床。

顔を洗い、トレイルウェアに着替え、朝ごはんをお腹におさめ、マウンテンバイクを玄関に出した際に初めて気付く。

rainやってことに・・・。

まもなく雨の為中止とのメールが届く・・・。

トレイルウェアを脱ぎ、衣装ケースにしまいこむ。

また寝るのも、

と、

せっかく起きたんで、昨晩途中で放置してしまったブログを更新。

昨日、新車のお祓いの為訪れた城南宮の社殿の周りに広がる神苑を見てきました。

E004_2

平安時代の末、白河上皇が「源氏物語」に描かれた光源氏の理想の邸宅・六条院さながらに築き、「春の山」、「平安の庭」「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」と日本庭園の様式の変遷を味わう事ができます。

4月29日には、平安装束を身にまとった人達が小川のほとりで、小川を流れる盃を運ぶ船が目の前を流れ着くまでに詩を詠み終えるという王朝貴族の遊びを再現した「曲水の宴」が開催されます。

春の山

E005 E006

E009 E010

平安の庭

E013 E014

桃山の庭には美しい桜と、楽水軒で和菓子と抹茶をいただきました。

E020 E045_2

E023 E022 

E037 038

室町の庭

E036 E043

途中の水石亭では、春期企画展として、

E047

三十石船から龍馬が見た伏見までの川沿いの風景等を江戸時代の絵図で紹介する「龍馬が見た京都」が開催されてました。

花はまだ咲いてませんが、道の脇には

カキツバタ

E048

城南離宮の庭

E050 E051

神苑をひととおり見て、参道で見つけた離宮茶屋

E053

おっと、目を惹く「甘酒無料接待」の文字。

車のお祓いに来て、お酒という訳には行かないんで、嫁haaaanだけ戴きに行きました。

「おいしい~happy01

と満点笑顔。

E052 茶屋の方に聞いてみると

「アルコールは入ってないですよ~」

って事なんで、わたしも頂戴しました。

美味しかった~。

車のお祓いが、プチ旅行のようになりましたhappy01

息子はいろんな花や木の名前を覚えてました。

夫婦でのんびり見てまわられるのもいいのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/1スケール

まだかな、まだかな~

っと、

朝から何度もベランダに出て道を眺めては、到着するを待っている。

時計は10:00を少し回ったところ、

再びベランダに出て、通りを眺めていると

信号機の向こうに見えるエアロをまとった白い奴

来た~ッ!!

嫁haaaaanの「子供みたい・・・」という声を背中に聞き、

玄関を飛び出す。

天気にも恵まれた本日、

我が家もエコカー減税&補助金の恩恵を受けるべく、

14年間乗り続けた愛車と入れ替わりに、

1/1スケールの車が届きました~happy01

早速、

平安遷都の際に守護神として創建された「城南宮」に、お祓いに行ってきました~。

E002

「方除の大社」と仰がれ、新築、改築、引越や旅行の安全祈願、車のお祓いで多くの人が訪れる城南宮。

E004

お祓いの受付の際、城南宮内にある神苑の入場券を頂きましたので、せっかくなんで見ていく事にしました。

と、

ここまで書きましたが、

あまりにも眠いんで・・・sleepy

続きは明日・・・coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

桜の時

いや~、今日はほんといいお天気でした~sun

そんなぽかぽか陽気の今日も、朝の早くから行ってきましたMTB走行会bicycle

先週は雨の日が多く心配だった桜も、

この休日に合わせたように満開cherryblossom

集合場所の自転車屋さんに到着するまでにもあちこちで美しい桜が目につきます。

E006

手が届きそうな桜満開の鴨川沿いを、

列をなして十数台のMTBが山に向かいますdash

E005 E009

朝の光が差し込む山の中に

E010

相変わらずのMTB好きのメンバー達。

E011

MNっちにいたっては、休む時間も惜しいという感じで

もう出発しそうな勢い。

実は、わたし今日は町内会の用事があったんですが、

嫁haaaanが代わりに出ておいてくれるって事で走行会に参加したんです。

「出来るだけ早い目に戻るわ~」

と言ってたもんですから、ショートコースで下ろうと思っていたんですが、

時間的にもまだ大丈夫そうだったんでミディアムコースまで登る事に。

E012 E014

ここから下りに突入するつもりやったんですが、

仙太郎店長も「頂上まで登る~」と言うもんですから、

わたしも先週に引き続き頂上まで登る事に~。

いつもは、後ろ姿を拝むことも出来ない稲妻IZさんですが、

今日は腰の調子があまり良くなく、スローペースで登っておられますんで、その後ろを付いて登る事に。

先週も頂上まで登ったせいもあり、

スピードはさておき、自分としては前回よりも楽に登れた

・・・ような気がする・・・。

登りきった後は、皆いい顔してますな~

E015 E016

空気が澄んでいる時は、大阪まで見えるそうですよ~。

E021

さて、ここから下りに突入です。

ロングで、

ひと一人が通れるかくらいのスリリングな細い下りに神経を集中しMTBを操ります。

凹凸の激しい道ではハンドルを握る手も辛くなる。

下った~と思ったら、すぐに待っている激坂登りに

すばやくギアをチェンジ。

ちょっとのシフトミスで登り切れなくなる。

ハンドル操作だけでなく、フロント、リアそれぞれのシフト操作に体重移動。

これが、楽しいんですよね~。

下り途中の休憩。

おじさん達、いい顔してまっしゃろ~happy01

E022 E023

帰りも、花見準備のビニールシートが引かれだした鴨川沿いをお店に向かって走ります~bicycle

E026 E027

お店に帰りつくと、

先週のペダル交換に引き続き、サドル交換をすることに~。

E029

マウンテンバイク専用設計の

クロマグサドル。

クロマグロfishちゃいますよ~coldsweats01

マウンテンバイク向けなんで通常のサドルに比べ少々大き目。

サドルの前後を上手く使い分けるマウテンバイクライドならではのデザインだそうです。

全5色のうち、

わたしは迷うことなく、ミドマグくん(グリーン)。

となりのシロマグくん(ホワイト)は、IZさんが購入。

お揃いです~。

ドロンコのMTBに新しいサドルを付けてもらうのも・・・

と、

ミドマドくんの取置きをお願いして、次回走行会時に装着してもらう事にしました。

ここ最近、ウエア、ペダル、サドルと連発で購入で、

お小遣いが・・・dollar

ミニカーねたはありません・・・

ごめんね~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »