« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

ドボン

1/64 アオシマ文化教材社

グラチャンコレクション 第1弾

MX41 チェイサー 1978年式

012 007

005 008

006 009

010 011

もう既に第3弾までシリーズ化されているアオシマ文化教材社のグラチャンコレクションの第1弾より、78年式チェイサーのフルエアロ仕様。

チェイサーは3代目マークⅡの兄弟車として1977年に登場。

モデルは78年式なんで、マイナーチェンジ後ですね。

pencil pencil pencil

本日は所用の為、MTB走行会は欠席です。

しかし、集合時間の7:00に皆さんをお見送りするために集合場所に行きました~。

いや~、みんなと一緒に走りに行けず、見送りだけっちゅうのは辛いもんです・・・。

辛かったら行かんでええのに~って?

実は今朝どうしてもMTB走行会メンバーに会う必要があったんですよ。

ちょっとした連絡事項がありまして、

メールでもよかったんですが、

そのメールが出来なかったんですわ・・・。

というのも、

昨晩、携帯でメールをしながらトイレに入ると

手からツルッと携帯が滑り落ち、

ドボン!!

運悪く便器の中に落っことしてしまいまして、

慌てて拾い上げ、電源は切れてなかったんで操作してみるものの、ボタンを押してないのに動画撮影モードになったり、画面が固まってしまったりと、どうも挙動が変・・・。

画面が固まったまま、どうにもならないんで一旦バッテリーをはずし電源を切り、再びバッテリーを装着し電源ONボタンをましたが、

ウンともスンともいわず・・・

壊れてしもた・・・。

アドレスも、データもパーですやん・・・

もう、ショック・・・crying

しかし、いちるの望みにかけ

バッテリーパックを外し、ドライヤーで乾かして放置しておく事に。

こんな事情で、今朝MTB走行会集合場所で、連絡事項を伝えるとともにアドレス登録していた方々から、改めて電話番号、メアドを教えていただき手帳にメモらせていただきました。

集合場所からの帰宅後、家の所用を済ませ携帯ショップに向かおうと、

昨晩放置した携帯にバッテリーパックを装着し、電源ONボタンを押してみると、

おおッ~!!

奇跡的!?に

電源が入りましたやん!

電源が入ったものの、また挙動がおかしくなるかも知れない・・・。

なんとか動いている間に、新しい携帯を購入しデータ移行してもらおうと

電源が入った状態の携帯を手にとり、ショップに急ぐ。

新しい携帯を選んでいる間、

店員さんに事情を説明し、最低アドレスだけでも移行してもらえないか聞いてみるものの確認してみないとわからないとの事で、

別の機器に移せるかどうか試してくれる事に。

携帯を選んでいても、確認の結果が気になってしょうがない・・・。

しばらくして店員さんから、

「移せますね~」

との回答。

新しい携帯を購入し、アドレスを移してもらえました~。

よかった~。

皆さんも気をつけましょうね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

エントリー

1/64 童友社

軽CAR Collection Honda

VAMOS LOWDOWN

014 007

アーンド

軽CAR Collection SUZUKI

WAGON R FX-S Limited

008 009

ともに結構前に発売されたもの。

1/64スケールですが、軽自動車なんで更にちっちゃい。

ですが、ライト類も前後ともクリアパーツ、エンブレム類やワイパーの細かなところもしっかり再現されており、よ~く出来てます。

010 011

013 012

違う色やと良かったんですがねぇ~。

ちなみに、VAMOSの方はアラバスターシルバー・メタリック

WAGON Rの方はシルキーシルバーメタリック

です・・・。

bicycle bicycle bicycle

MTB走行会に参加すると、最近王滝レースの話を聞く事が多い。

「9月のレースはどうするの~?」

「一緒に出ましょうよ~」

とお声がかかるんですが、

5月のレースに出られた方からは結構しんどいという話を聞くもんですから、どうしても躊躇してしまう・・・。

しか~し、

週1,2回とはいえ、2年もマウンテンバイクに乗ってるんやから一度はレースってもんに出場してみたい気持ちもあって、本日9月に開催される王滝レースの追加募集にエントリーしました~。

先日、走行会での登りで、王滝レースに過去2回出場経験のあるTGさんと並走しながら話を聞きますと、初出場の時は42キロにエントリー、2回目は100キロにエントリーされ、ともに見事完走。完走のこつなどの話を聞き、

さて、どちらでエントリーするか迷った結果、

E006_2

42キロでエントリーしました。

IZさん、ごめんね~。

完走できたら、次は一緒に100キロ走ろうね~。

完走目指して頑張りまッス!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

梅雨入り

1/43 MINICHAMPS

Audi Sport quattro S1

Rallye San Remo 1985 Winner

迫力のGr.Bカー

かっこいいですぅ~

E015 E018

E016 E019

E017 E020

1985年ツール・ド・コルスからGr.Bに投入されたスポーツ・クワトロ。

同1985年のサンレモ・ラリーでヴァルター・レアルが初優勝。

bicycle bicycle bicycle

雨予報rain、雨予報rain、雨予報rain・・・

昨晩の天気予報・・・

日曜日の天気予報はどのチャンネルを見ても雨予報・・・(当たり前ですね・・・coldsweats01

でも、

どっかに雨マークの無い予報は無いかいなと探してしまうんですよね・・・。

「明日のMTB走行会は中止か・・・」と思いながら床に就く。

いつも通り5:30に目覚ましが鳴り響き、

ベランダから外を見やると、

おッ!!

雨が降ってませんやん!

夜なかにも降った気配はないッ!

そそくさと、顔を洗い、

トレイルウェアに着替えては、まだ降ってないかいな?

外を見やる。

朝食を食っては、まだ大丈夫かいな?

と外を見やる。

ア○ノバイ○ルをお水で流し込み、歯を磨いては、

降ってませんようにと

外を見やる。

今にも降り出しそうな空模様に

E004

今日のMTB走行会の参加者は少ないやろなぁ~と思いながらも

集合場所に到着。

しか~しッ!

こんな空模様に関わらず、続々集まってくるメンバー達

みんな好っきゃの~

と心の中でつぶやく。みんな同じや~。

総勢12名で目的地に向かう道は、いつもの鴨川沿いではありません。

E006

2年前、わたしが初めての走行会で連れていってもらった場所。

なんですが、

先週の新コース確認チームが走ったコースなので、

ルートが少々違います。

わたしが知っているルートから外れ、トレイルコースに入っていく。

しばらくは乗って登るんですが、

途中から担ぎがあり結構しんどかったですわ~。

ようやくわたしの知っている懐かしいアプローチに到着。

E007

しんどい思いをして、アプローチに到着するも、

ここからが本格的な登り。

ふぅ~・・・

でも、見慣れた登り道に

懐かしい~と叫びながらペダルを漕ぎ出す。

2年前はハアハアヒイヒイ状態で登っていた道も、

いつものきっついH山登りで鍛えられたせいもあり、順調に登りきる。

登り切った先に広がる市内の景色。

E010 E008

E011 E012   

しばしの休憩後、

下りルートへ向かいますが、

途中から私の知っているルートからはずれ、新ルートへ。

新ルートはまだ暫く少々登りが続いてからの下りとなりますが、

マッキーとちょっとワクワクするな~と言葉をかわし

TGさん、NK店長、マッキーに続き下りに突入~。

新ルートは結構な激坂下りなんで、車間は充分取ってくださいよ~

と声がかかる。

落ち葉ふかふかの激坂下り、

久々の初めてのルートは新鮮でドキドキheart01、ワクワクheart02

いやぁ~

やっぱりマウンテンバイクは楽しいのぉ~bicycle

なんとか、空も持ちこたえ

雨にあうことなく、お店に戻るのでありました~。

E013

お店に到着後は、

雨が降り出す前にと、今日はみんなそそくさと解散。

本日近畿地方、梅雨入りと発表されましたね。

さて、来週も走れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

新ルート

1/43 MINICHAMPS

Gunnar-Porsche G99

Daytona Grand Am Weekend 2003

McQueen/Minter

E030 E033

E031 E034

E032 E035

このマシンでスティーブマックイーン自身がレースに出場していたのでしょうね・・・。

フロントボディには、

スティーブマックイーンの写真、

そして、リアには、

037 E036

RACING IS LIFE!

ANYTHING THAT HAPPENS

  BEFORE OR AFTER

  IS JUST WAITING

”レーシングは人生だ。その前と後にあるのはすべて、待つことだけ”

「栄光のル・マン」でスティーブ・マックイーンが演じた役の言葉。

bicycle bicycle bicycle

真っ青な空を斜めに走る飛行機雲

E013

昼頃になると人があふれかえるが、今はまだ、静まり返っている商店街。

E014

時刻は6:30

本日も朝早くから向かう先はMTB走行会の待ち合わせ場所。

好天sunのせいか、集合場所のお店の前にも横にもマウンテンバイクの行列。

E015 E017

E016

ぎょうさんの人が参加です~。

先週日曜日の王滝レースに参加された皆さんも、元気に出席です。

総勢20名程度でしょうか、

10名づつくらい2班に分かれ、1班は新しいコースの下見、

そしてもう1班は、わたし自身3月のナイトラン以来となる北方面の山へ。

今日は仕事の都合で走行会に参加出来ず、既に単独で朝の山を満喫されてこられたミニカー屋仙太郎店長は、お見送りの為にわざわざ顔を出してくれはりました~。

仙太郎店長の背中を見送り、出発です~。

E018

E019 鴨川沿いを走り、

途中からアスファルトの路を走るが

山が近付くにつれ傾斜もきつくなる。

最初の休憩ポイントに到着すると、

ピンクのウェアに身を包み、さわやかな笑顔happy01を振りまいている久々に出席のハマちゃんの姿。

ハマちゃんと合流し、峠道を上へ上へと登っていく。

が、

最近、朝起きると腰が痛く、平日は夜遅くの帰宅と遅い晩御飯のせいで、体重も増加傾向で体が重い・・・think

前を走るKJさん、OSさん、そして先週ニューホイールに交換し軽やかな走りのマッキーの背中がどんどん遠くなり、

後ろを振り返ると、

わたしの後ろにはフォーメイションラップのようにMTBが連なっていますやん・・・coldsweats01

なんとか峠の茶家に到着~。

E021

しばしの休憩後、激坂を更に上へとペダルを漕ぎ出します。

激坂を登ってきたハマちゃん。

激坂を登ってきたのに手を振ってのこの笑顔~

E023

さて、ここから皆で下りに突入しますが、

途中、OSさんがめざとく分かれ道を発見。

どうやらその道をKJさんが知っているらしく、KJさん、OSさん、マッキー、わたしの4名はそちらの別ルートへ。

KWちゃん、MTくん、SZさん、TKさん、ハマちゃん、NIさんは通常ルートへとここでお分かれ。

別ルートは、

う~ん・・・

少々スリリングさが物足りないかなぁ・・・

わたし自身は通常ルートの下りの方が好きですね。

お店に戻ると第1班の新ルート確認班は既にお店に到着されてました~。

お店でしばらく王滝レースに参加された皆さんとおしゃべり。

100キロエントリーのMNっちは、7時間2秒で完走。すんばらしい!

あと3秒早ければ7時間切れたのに~と悔しそうでした。

同じく100キロエントリーの稲妻IZさんは、モチベーションが維持出来ず惜しくも完走ならず・・・

KWちゃんは、8時間でなんとか完走するも、スタンディングポジションも出来ない程足がつらく、途中で身体が動かず倒れこんでしまったということで、聞いているだけで100キロのMTBマラソンの過酷さが伝わってくるのでありました。

ただいま秋の王滝レース追加募集中のため、みんなから秋のレースエントリーを誘われるんですが、話を聞くだけでビビってしまい躊躇するわたし・・・。

でも、一度は経験してみたいですね!

走行会からの帰宅後、

家族で買い物に行った先で息子がめざとく見つけたプラモデル。

E002_2 そう、息子が大好きなケロロのプラモデル。

通称ケロプラ。

「キングギロロロボ 超海王モード」

今まで何個もケロプラを買ってましたが、全て私が作ってたんです。

が、

今回は息子がプラモデル作成に初挑戦。

E026 E025

さすがに塗装は無しですが、

スミ入れだけは私が手伝いました。

見事に完成~happy01

E003

息子の感想は、

「また作りた~いhappy01

ですと。

まあ、わたしもプラモデルは嫌いじゃないんで、

また親子で楽しみたいですねッ!

pencil pencil pencil

日が代わり

本日月曜日、奇跡的に仕事が早く終わったんで

昨日のMTB走行会でもご一緒したSZさん家のパン屋さんに寄り道。

お店に到着した時は、

閉店間際でSZさんはもう引き上げられた後・・・

お会いする事が出来ませんでした・・・

残念・・・。

E001

以前、買って家族が

「美味しかった~heart01

と言っていたラスク等などを購入してお店を後にするのでありました。

やっぱり早く家に帰れるのはいいですなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »