« タイオガカーニバル(ようやくアップ・・・) | トップページ | ビリリッ »

2011年4月12日 (火)

桜満開の道

アオシマ文化教材社

Optionミニカーコレクション PART1

Mine’s BNR34 SKYLINE GT-R

045 048

046 049

047 050

またまた、Optionミニカーレコクション PART1より

1999年デビュ、のR34GT-R。

ストリートからサーキットまであらゆるステージで最速を目指し作られたMINE’S R34 SKYLINE GT-R。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom

昨日の日曜日は、

もうこの日の陽気を逃すと満開の桜にお目にかかれないだろうと、花見に行って来ました~happy01

車ではどこに行ってもいっぱいだろうと、バスで出かけることに。

向かう先は銀閣寺。

平安神宮の近辺から渋滞で、

ちょっと進んでは止まり、また進んでは止まりを繰り返しているうちに、ポカポカ陽気を受けたバスの中、ほいでもってバスの揺れとで睡魔がおそう。

ウトウトしたままバスに揺られ、気がつくともうそこは銀閣寺前。

バスを降りると、辺りには

目いっぱいの桜cherryblossom

E003

人、人、人。

銀閣寺前のソフトクリームを売っているお店には、えらい行列。

バスの中が暑かったこともあり、息子もアイスクリームを食べたいというが、この行列に並ぶのはと、横の少々少なめの行列が出来ているもう一軒のお店に並ぶも、

お店のおじさんから

「もう並んでもらっても、品切れなんですわ~」

と言われ、

なんとか息子を説得し、ソフトクリームをあきらめてもらうことに・・・。

銀閣寺から、

京都に何年も住んでいながら、未だ歩いたことのない

「哲学の道」を南禅寺まで歩くことに。

哲学の道は、哲学者がこの道を散策しながら思索にふけったことから「哲学の道」と呼ばれるようになったとの事。

その哲学の道に咲き乱れる桜。

E008 E011

E004 E015

見事に満開の桜を見上げ、

時にはチラチラ舞う桜のはなびらを追いかけながら

家族3人のんびり歩いた哲学の道でした。

E029_2 E028_2

そして、南禅寺を抜け

蹴上インクライン

E034_2

E037_3

この木造の船は、

明治23年に竣工した

琵琶湖疏水で使用されていた

運搬船を復元したものだそうです。

誰が置いたのか、柵の上(写真右端)にヒコニャンがcoldsweats01

E039_2

嫁haaaaanと

「懐かしいな~」と

見上げる蹴上にあるこのホテルは、

今日ほどではないけれど

桜咲く春に嫁haaaaaanと結婚式を挙げたホテル。

ホテルの前には、

レトロな赤煉瓦作りの発電所が残っています。

E040

銀閣寺~哲学の道~南禅寺~蹴上

いいお散歩コースで、とっても気に入りました~。

みなさんも是非どうそ!

ちょっと昔の思い出にひたったお花見でしたhappy01

|

« タイオガカーニバル(ようやくアップ・・・) | トップページ | ビリリッ »

おでかけ」カテゴリの記事

ミニカー」カテゴリの記事

AOSHIMA」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しぶりです。
愛知県半田市でなんとか生活をスタートしています。
ようやく、自転車の箱を開けて走り出しました。
なんとも半田市あたりは、丘程度の山しかなく、マウンテンはガッツリ走れないところのようです。
知多半島を走ってみましたが、どどどどど平坦。
来月の王滝100Km やばいです。
ところで、富士見は中止になりましたが皆さんどうするのですか?

投稿: まの | 2011年4月16日 (土) 09時04分

おおッ~
MNっち!
こんにちは、MNっちのことやし走れるところを色々発見してるんやろな~と思ってましたが、
なかなかガッツリ走れるところがないんですか・・・。
そう思うと京都って市内からでも自走でアクセス出来る山々があって結構恵まれてるんですね~。
ところで、富士見パノラマ中止になったんですか?
昨日、走行会では特に中止の話が出ていなくって、「富士見に行く~」って人が数人いましたが・・・。

投稿: littleKOH | 2011年4月18日 (月) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508215/51365826

この記事へのトラックバック一覧です: 桜満開の道:

« タイオガカーニバル(ようやくアップ・・・) | トップページ | ビリリッ »