« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月25日 (土)

朝、ひとっ走り~再会

1/43 KYOSHO

LOTSU 47GT

011 014

012 015

013 016

世界初の量産ミドシップ・スポーツカーとして登場した

最初期型ロータス・ヨーロッパS1をベースに作られた

レース仕様車ロータス 47GT

bicycle bicycle bicycle

金曜日の仕事終わり・・・

最終バスに間に合わず、タクシーでの深夜帰宅。

そんなタクシーの中で、決めていた。

ここんところ、休日も、もやもやした気持ちの中、

ボッ~と過ごすことが多く、ほとんど乗れていないMTB。

精神的にもよろしくない。

こんな事では、いかんッ!

と。

しかも、日曜日は町内のソフトボール大会があり

運動不足の状態で出場し、怪我でもしたらシャレにならん。

なので、決めていた。

土曜日は、絶対にMTBで走りに行こうとッ!

そして本日、少々遅いが、

準備を済ませ9:30に家を出発する。

走るルートも決めていた。

昨年の今頃、王滝レースに出場すべく

トレーニングで、MNっちに連れて行ってもらったルートを走ろうと。

雲ケ畑~持越峠~京見峠のルートです。

雨予想に反し、日差しが照りつける中、

約15キロ地点にある最初の休憩ポイントを目指し

北へ北へと走る。

山が近付いてくると、車通りは少なくはなるが、

何台ものロード自転車とすれ違う。

休憩ポイントに到着するまで、10台以上はすれ違っただろう。

休憩ポイントに到着すると、

そこには約10台のロード軍団が休憩中。

E001

少々戸惑うが、休憩中のロード軍団の中を通り

脇にMTBを止め、自動販売機で水を購入。

すると、ロード軍団の中の一人が、

「どこまで走りに行くの~」

と私に声を掛けてきた。

振り帰って声の主に目をやると、外人さん。

よ~く、顔を見ると

な、な、なんと、

MTB元全日本チャンピオンのビンセント・フラナガンではあ~りませんかッ!

思わず、「あッ、ビンちゃん!」

と叫んでしまう。

ビンちゃんとは、MTB走行会でもご一緒させてもらった事もあり

走行会メンバーのピーターさんや、MNっちの知り合い。

わたしの事を覚えてくれていて、声を掛けて下さったのかは定かでありませんが、

少しの間、ビンちゃんとお話をする。

この場所は、ビンちゃんも王滝レースに出場する時にピーターさんに連れて来てもらった場所やそうです。

わたしも同じでMNっちに連れて来てもらった事や、MNっちが京都を離れてしまった事、
ビンちゃんは、最近はもっぱらロードで走る事が多い事

などなど、話をする。

そろそろビンちゃん軍団が出発の様子。

ビンちゃんをはじめ、皆さんに「お気をつけて~」

と声を掛け見送る。

その後、わたしの方も持越峠を目指し、出発。

きっつい持越峠を登りきった後は、気持ちのいい下りが暫く続く。

下り終え京見峠方面へ向かっていると、

ポツリ、ポツリと大粒の雨が落ちてきた。

空を見上げると、晴れ間が見えているので、

一時的なもんだろうと、道の脇の屋根の下で、少々様子を見る。

E002

案の定、しばらくすると雨がやんだんで、ペダルを漕ぎ出す。

静かな山間の道を走っていると、耳に飛び込んでくる電子音。

そう、わたしの携帯の着信音。

すぐに携帯を取り出すも間に合わず切れてしまうが、

着信履歴を見ると、発信の主は

なんとMNっち。

ついさっき、ビンちゃんとMNっちの話をしていたのを聞いていたかのようなタイミングでびっくりし、

折り返し電話を掛けてみるも、圏外の為つながらず・・・。

電話のことを気にしつつMTBを走らせていると、

見慣れた京見峠の湧き水ポイントに到着。

E004

ここでも圏外の為、電話はつながらず、

攣りそうな足に湧き水を掛け冷やし、

しばしの休憩後、再びペダルを漕ぎ出す。

E003

もう少し登って、下れば市内に入る。

下り終えた後、再びMNっちに電話するとようやく繋がった。

明日の比叡山ヒルクライムに出場すべく京都に戻ってきているとの事で、これから自転車屋さんに行くとの事で、

わたしも自転車屋さんに向けMTBを飛ばす。

自転車屋さんに到着し、

E005

久々にMNっちと再会。

E006
MNっちも震災の影響で仕事はめちゃくちゃ忙しく、

気持ちも、もやもやしていた様子。

Photo この写真は、先週MNっちが出場した

おんたけヒルクライムのレース後に

撮影された御岳山。

御岳山の絶景に気持ちが癒されたようです。

またの再会を約束、自転車屋さんを後にする。
E007

MNっちから、うちの息子にと、

お土産までいただきました~。

008

MNっち、ありがとう~。

また、一緒に走りましょうね~。

今日は、ほんとに会えてうれしかったです~happy01

明日の比叡山ヒルクライム頑張ってね~。

<本日の走行記録>

走行距離 42.7キロ

走行時間 2時間35分

でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

夜・・・ひとっ走り

TOMICA LIMITED No.0131

TOYOTA CELICA XX 2800GT

077 080

078 081

079 082

アップが少々遅れましたが、

トミカリミテッド2011年5月発売のセリカXX2800GTです。

4月発売のフェアレディZ432に続き、

これまた既に2001年9月にNo.0009として発売済の車種ですね。

083 084

NO.0009の中国製に対し、No.0131はベトナム製。

カラーはホワイトですが、塗装が厚く、No.0009に比べモールドがあまり目立ちませんcoldsweats01

それ以外の違いといえば、

バックミラーが黒く塗られているのと、リアランプ上の塗装が違ってます。

088 087

個人的には、No.0009の方が好きかな~。

pencil pencil pencil

久々の更新となってしまいました・・・coldsweats01

更新していない間も、日々訪問して下さっている皆さん

ありがとうございます。

仕事面で日々、なんやかんやとあり、

どうも気持ちに余裕が持てず

メンタル面で少々参り気味・・・。

会社から帰宅してもパソコンの電源も入れる気になれなくて

休日も自転車に跨る事もなく、

の~んびりと過ごすことが多い今日この頃。

ブログの更新が滞っていたり、

最近、顔を出さないわたしを気にしてか、

仙太郎店長やMNっちから届くメールに元気をもらってます。

気持ちを切り替えるべく、

土曜日の夜、

MTB始めた頃、夜にトレーニングでよく登っていた

観光地で有名な

074

まで走ってきました~bicycle

夜の風を身体に受け、久々に跨ったMTBのペダルを

思いっきり踏み込み、

昼間は観光客でいっぱいだが、

夜は誰もいない坂を一気に駆け上がる。

ハアハアする呼吸を整えた後、

登ってきた坂を下る。

坂の下でUターンし、

またまた坂を駆け上がる。

坂の上の詰所にいる警備の人の怪訝そうな顔を横目に

またまた、坂を下まで下り

再びUターンして、坂を登る。

三度目の坂の上。

夜空を見上げ深呼吸。

頭の上にはお月さま。

076

ヘルメットの間から流れ落ちる汗と、

顔ににじんだ水滴をタオルで拭う・・・。

気持ちを落ち着かせ、坂を下る。

下り坂の途中で、目に入る京都タワー。

075

風が身体と心にしみわたる夜のひとっ走りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »