« 3月2日は・・・ | トップページ | ほんま、そろそろ »

2012年3月 4日 (日)

3/3、3回目

TOMICA LIMITED

NISSAN SKYLINE 12MODELS VOL.1

SKYLINE 2000GT-E・S

073 076

074 077

075 078

079 080

081 082

2001年6月発売の

NISSAN SKYLINE 12MODELS VOL.1

にパッケージングされている2台の

5代目スカイライン2000GT-E・S

前期型丸目4灯の通称「ジャパン」ですね~happy01

run run run

E084この前、

嫁haaaaaanが持っていた漫画「岳」

を読み、

ほいでもって、レンタルで

「岳」のDVDを観たせいか

無性に山に登りたくなった。

って事で、

昨日3月3日、3回目となる大文字登山に行ってきた~run

1回目は2008年8月に南禅寺から、

2回目は2009年4月に銀閣寺から、

そして、昨日は山科毘沙門堂からでも登ってみるかッsign02

と思ってたんですが、

息子も「一緒に行く~!」との事で、

嫁haaaanに弁当を作ってもらい、

息子と2人で、2回目に登った無難な銀閣寺からのルートで登る事にdash

銀閣寺からのルートは幼稚園や小学校低学年の子供達でも登るコースやし、市内からのアクセスもいいので、初めて登る人達にはお勧めのコースですよ~。

って、

わたしも登山経験者じゃないんで、

偉そうなことは言えませんので、参考程度にして下さいね~coldsweats01

市内からバスbusに乗り、

「銀閣寺前」のバス停で降りると、登り口までは歩いて10分程度run

バス停から銀閣寺に向かって歩いていくと

銀閣寺橋があります。

ここは春cherryblossomになると哲学の道沿いに桜が咲き乱れる桜の名所でもありますよ~happy01

春を待つ桜。

E002 E003

銀閣寺橋を渡り、

E004

銀閣寺道をそのまままっすぐ行くと銀閣寺に突きあたります。

突きあたりを左に進むと、

更に八神社に突きあたり、

右側に進んでいくと

登山道の入り口があります。

ここで道が二股に分かれてますが、看板にも指示があるとおり右側に進みます。

E007

上の写真で丁度、おじさんが座っている方向なんで、

間違いのないようにねdanger

このまま右方向に進んでいくと、

E008

おッsign03

登山道らしくなってきました~。

ここからは、ほぼ1本道なので、

先ほどの二股の道を間違えなければ

大丈夫happy01

しばらく登って行くと

左手に水飲み場がありますよ~happy01

E010

またまた、しばらく登っていくと

小さな橋が見えてきます。

E011 E012

近くまでいくと、大文字山を示す指示upもありますので、

この橋を渡りましょうsign01

さて、ここから道も狭くなりますよ~

E013

木の階段状になってますが、

濡れていると滑り易いので、

気をつけて登りましょうdanger

昨日登った際も、

前日の雨で滑りましたよ~。

また、しばらく登っていくと、

E014オッsign02

二股の分かれ道。

ですが、

ここはどちらに行っても、

ほんのすぐ上(ほんとにすぐですよ)で合流しますんで、

お好きな方にどうぞ~happy01

ちなみに昨日、息子は右方向、わたしは左方向と分かれて登ってみました。

また、しばらく登ると

E015千人塚が見えてきました。

2回目に来た時は、

こんなに前方の視界が明るくなかったと思ったんですが・・・。

ここも、気にしなければ

自然と左道なりに登っていきますよ~。

「気にしなければ」と書いたのは、右側からも登れるルートがあるようです。

E046何人かの方が

そちらの方に進まれましたが、

わたしは右側のルートは登った事も無いし

どんなコースなのかよく知らないんで、

ここでは書きませんcoldsweats01

さて千人塚を左側から登っていきますと、

E016階段が見えて来ました~。

約200段くらいの階段です。

昨日、息子と登りながら数えたのですが、

途中、前から降りて来られる方達と

何度か挨拶を交わしながらだったんで

数が飛んでしまいまして・・・coldsweats01

約200段くらいと言っておきます・・・coldsweats01

この階段を登りきると、

火床に到着です~happy01

E018 E020

丁度、「大」の字の1画目、2画目、3画目が重なる中心部分です。

たくさんの方が休憩されてますよ~。

京都が一望できeye

前方向かいの山に、左大文字、

右手に妙法、

左手下方に京都タワーも確認できますよ~happy01

E022 E024

この火床から、更に階段を上に登っていくと

「大」の字、2画目の最初。

つまり大の字の一番上となる火床があります。

E043 E044

ここから、更に頂上(三角点)まで行くことにします。

少し登り下りがあり、

ほぼ道なりに進んで行けば頂上に到着しますが、

E029

途中に

急な岩場がありますし、

傾斜も

きつくなる個所もあるんで

足元に注意して登りましょうね~danger

最初の火床から25分~30分で頂上(三角点)に到着です~happy01

E031ここでもたくさんの人が、

お昼休憩されてます。

ちょうどベンチも少しあるんで

お弁当を食べたりriceball

コーヒーを飲んだりとcafe

結構なにぎわいです。

E035 E036

私たちもここでお弁当~riceball

しか~しッsign03

レジャーシートを持ってくるのを忘れてしまったではあ~りませんか・・・coldsweats01

さて、どこかに腰かけてご飯を食べられないかいなぁ・・・と

思案してますと、

グッドなタイミングでベンチが、空きましたやん。

ラッキーですhappy01

E033 E034

山で食べる弁当riceballは、サイコ~に美味しいです~happy01

腹ごしらえも終わり、ゆっくり景色を堪能。

さて、下りをどうするか?

登りとは別ルートで降りるか?と思ってたんですが、

息子の意見で

登ってきたルートで降りる事に。

登るときには、振り返らないと見れない景色ですが、

降りながら見る、目の前に広がる景色は

素晴らしいですよ~happy01

E040

くれぐれも足元もよく見て下りましょうね~danger

登ってきたルートをそのまま降り、

最初の水飲み場付近まで降りてきた時、

前方から、これから登られる年配の女性ハイカー二人と

挨拶をかわす。

「こんにちわ~」

と声を掛けたあと、

女性ハイカー二人と合わせた目がお互い離れない。

ハッsign03

と気づき

「どうも、ご無沙汰しております~」

と声を掛ける。

二人の年配女性は、

約10年程前に仕事でお世話になったお客さんだったんです~。

お互い、懐かしい~とその場でしばらく立ち話。

お二人とも6年前に退職され、

今でも連絡をとって大文字に登りに来られているようです。

以外なところでの再会にお互いビックリでした~。

下山後、

銀閣寺道沿いのお店で、嫁haaaaanへのお土産を購入し、

家路につくbus

いや~、

天気もよくsun

以外な再会もあり、

息子と、二人きりでの初めての登山と、

楽しかったです~happy01

暖かくなったらまた登りたいと思います。

今度は別ルートで!

ではではpaper

|

« 3月2日は・・・ | トップページ | ほんま、そろそろ »

おでかけ」カテゴリの記事

ミニカー」カテゴリの記事

TOMICA LIMITED」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508215/54139300

この記事へのトラックバック一覧です: 3/3、3回目:

« 3月2日は・・・ | トップページ | ほんま、そろそろ »