« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

信州に行ってきた~(その3 白馬を満喫)

1/43 WORLD RACING CAR COLLECTION

TOYOTA 7(1970)

003 006

004 007

005 008

随分前にコンビニで購入した

デル・プラド社の世界のレーシングカーシリーズ

トヨタ7(1970)

1970年の日本グランプリ用に作られたが、

この年の日本グランプリが中止。

日本グランプリ中止決定後も開発テストを続け、1970年7月富士1000kmレースの前座で3台がデモランを行ったが、翌月8月にエースドライバーの事故死により開発は中止され実戦投入がされなかったトヨタ7。

rvcar rvcar rvcar

くねくね道を走り、

カーブを曲がると、目の前に現れた美しいホテルhappy01

緑の中に佇む赤いとんがり屋根の

ホテルグリーンプラザ白馬です。

E169 E170

いままで泊まったホテルの中で一番美しい~happy01

お盆休みを避けて取得した休暇ですが、

ホテルの駐車場は結構な車の数。

ホテルに入りチェックインを済ます。

エントランスには

高さ40メートルの吹き抜けにシースルーエレベーター

そして、木の温もりもあふれてますhappy01

E165

ホテルの裏側は白馬コルチナスキー場

E171

部屋でしばし休憩した後、

和洋中バイキングの夕食を済ませ、

チェックイン時にいただいた花火を楽しむ。

E174

ライターやバケツもフロントで準備してくれますよ~。

縁日も催されていて大にぎわいッ。

E178

その後は、息子の宿題。

自由研究で「白馬で星座観察」をすることにしていたんですね~night

ホテルも星座観察が楽しめるようにと、

チェックイン時に星座観察ガイドをいただきましたhappy01

裏のゲレンデの照明も21:00で消灯されるんで、フロントで懐中電灯を貸してくれるんです。

しか~し、

空は厚い雲が覆っていて、生憎星は観察出来ず・・・sad

次の晩に見れる事を願って部屋に引き返すと

これまた旅行のお楽しみ、お風呂ですspa

展望岩風呂、ジャグジー、寝湯、ドライサウナ、桧湯、水風呂、白湯、薬湯、うたせ湯と多彩なお風呂を一通り楽しみ

旅行初日の疲れが癒されました~happy01

さて、日が替わり、

さわやかな朝となった旅行2日目sun

E179

本日は、今回旅行のメインイベント

初体験のラフティングですッup

朝食を済ませホテルを出発rvcar

E183_2

道の駅白馬でちょいと買い物~

E184

かなり早い目にホテルを出発したんで、集合時間までまだ1時間以上もある。

って事で、

明日に行こうと思っていた白馬ジャンプ競技場へ場所の確認がてら、ちょいと行ってみる事にdash

緑の山に生えるブルーのジャンプ競技場

今の時期でもジャンパーが練習をされてました。

E189 E195

息子もジャンパー気分ですhappy01

E194

リフトでスタート地点まで登れますが、

そろそろ時間が迫ってきたんで登るのは翌日にし、

ラフティング集合場所である神城駅前に向かうdash

ここJR神城駅前で

スタッフの方と待ち合わせ。

E199

スタッフの方を待つ間、

E200神城駅で見つけた

自転車の形をした表示板bicycle

これは白馬村のあちこちに

立っていて、自転車や徒歩で

白馬の美しい場所をつなぐ

道しるべ「白馬小径」なんですhappy01

そうこうしている間に

ラフティングスタッフの方が送迎バスで到着~。

送迎バスには既に何組かの家族が乗車されている。

われわれ家族は送迎バスには乗車せず、

送迎バスに先導してもらいマイカーでラフティングをする犀川の遊湧自然館さざなみまで行きます~rvcar

近くと思っていましたが、

これが結構遠くて、

神城駅から遊湧自然館さざなみまで約1時間かかりました~coldsweats01

現地に到着し、

E201

ラフティングに参加する送迎バスの方、現地集合の方達と

合流し、いよいよラフティングの始りです~happy01

初体験なのでドキドキッheart01

「信州に行ってきた~(その4 ラフティングを体験!)」に続く~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

信州に行ってきた~(その2 黒部ダム)

Kyosho Minicar Collection

CALSONIC

SKYLINE GT-R(BNR34)2001

001 004

002 005

003 006

JGTCで3年目シーズンとなったカルソニックブルーのR34

Kyosho Minicar Collection

CALSONIC

SKYLINE GT-R(BNR34)2003

007 004_2

008 011

009 012

R34スカイラインによるJGTC参戦がラストイヤーと

なった2003年シリーズのカルソニックブルーのR34

1/64スケールながらもフロントフェンダーの膨らんだディテールもしっかり再現されてます。

この流れで次からR33にしようと思ってたのですが、スカイライン続きなので別のんにしますね・・・coldsweats01

rvcar rvcar rvcar

前回の信州旅行の続き。

「大王わさび農場」の次の目的地は

「黒部ダム」に向かいます~rvcar

黒部ダムに行くには、まず長野県側アルペンルートの玄関口でもある扇沢駅に行きます。

扇沢駅には無料駐車場もありますが、既に満車だったんで有料駐車場へ入れる事に・・・。

標高1433メートルにある扇沢駅。

高いですよ~

E078

でもって、

曇っていて、ちょいと肌寒いですcloud

扇沢駅から黒部ダムへは、

唯一の乗り物であるトロリーバスで行きますんで、この扇沢駅でキップticketを購入します。

トロリーバスって?

E082パンタグラフから電力を取り入れたバスで、正式には「無軌条電車」といい、電車の仲間だそうです。

電気で動くため、トンネル内の排気ガスがなく、環境にもいい。

日本ではアルペンルートの扇沢駅から黒部ダム駅間、大観峰駅から室堂駅間の2路線のみ運行されています。

バス内は普通のバスとそんなに変わらないです。

E083

扇沢駅から黒部ダム駅まで、距離は6.1キロ

結構、急な登り坂をグイグイ登って、トンネルに入ります。

E084 E086

トンネル開通は黒部ダム建設で最大の難工事となったそうです。

掘削が始まり、入り口から1691mの地点で地下水と大量の土砂が噴き出す”破砕帯”
にぶつかり、僅か80mという距離を、7ヶ月苦闘しようやく突破。

その模様は石原裕次郎さん主演の映画「黒部の太陽」にも描かれているようですので
今度、機会があればレンタルして見たいと思います。

トンネル内にはその破砕帯の始めと終わりの場所が青色のネオンで表示されています。

乗車時間約15分くらいで

黒部ダム駅に到着です。

黒部ダム駅から黒部ダムへの経路は2つに分かれています。

1つは60段の階段を下りダム連絡通路を通ってダムえん堤へ進む経路。

もうひとつは、

220段の階段を上がりダム展望台へ進む経路。

わたしたちは220段の階段を上がり展望台を目指します。

E088

階段途中に湧き水ポイントもありますよ~。

220段の階段を登り、いよいよ展望台へ~

と階段を出ると、

なんとsign01

雨・・・rain

残念がる息子に、

「大丈夫!山の天気は変わりやすいからすぐに雨もあがるよ」

と自信もないのに、言ってしまう・・・。

ところが、

な、な、なんと

10分もしないうちに小雨になり、雨があがったではあ~りませんかup

早速、展望台に出て、

標高1508メートルの高さから見下ろす黒部ダム

うわぁ~!

すげぇ~!

初めて見る感動の景色と、

迫力の放水にこんな言葉しか出て来ませんcoldsweats01

E093 E094

ダムはもちろんのこと、

雄大な北アルプスも望めます。

雪がうっすら残ってる?

E099 E095

展望台にも湧き水ポイントがありますよ~。

さて、展望台から

ダムえん堤まで降りる階段が、

E105

これが急で狭くて結構怖いです・・・coldsweats01

雨あがりなので、滑らんように注意しながら降ります。

この階段、少し離れて見ると、こ~んな感じ。

E114

下から見ると、こ~んなんです~coldsweats01

E131

ダムえん堤に出る前に、

レストハウスで食事をとることにhappy01

食べるのは、

事前に調べておいたご当地カレー「黒部ダムカレー」

E112_2ご飯で、えん堤を作り、

黒部湖に見立てた緑のルー

サラダは放水を表現したカレー

少しピリッとして美味しい大人向きのカレーですね。

子供用のダムカレーやアーチカレーなんてのもありますよ~happy01

えん堤に出てみると、

展望台で降っていた雨が嘘みたいに

日差しが射してきたsun

えん堤からダムの下を覗きこんでみると、

E122 E124

放水の水しぶきが、太陽の光を受けて

を作っている~happy01

E121 E123

えん堤を歩いていくと

E127

黒部ダムのちょうど真ん中の地点です。

真ん中の地点から下を覗きこんでみました。

E129

おおッ~、

お尻がこそばゆくなりま~すcoldsweats01

新展望広場では

放水の噴出口をほぼ平行で見る事が出来ますhappy01

E135

ちょいと、ここで面白写真を写してみる。

口から

大放水~!

E143

結構上手く撮れました~happy01

そろそろ、黒部ダムから出発の時間が近付いてきました。

E146

帰りの黒部ダム駅までは

トンネルを通って行きますが、

E156

トンネル内は

これがまた、涼しいというか、

寒いです~coldsweats02

E154

戦後、日本経済の復興に伴い発生した深刻な関西の電力不足。

厳しい自然条件の中昭和31年ダム建設に着手し、破砕帯を突破し7年の歳月、513億円に工費(当時)、延べ1000万人の人手、171名の尊い犠牲により、昭和38年6月に完成した黒部ダム。

大自然の中、

美しいアーチとスケールの大きさの黒部ダムに圧倒と

感動でした~happy01

黒部ダム駅からトロリーバスで扇沢駅まで戻り

扇沢駅から、白馬にあるホテルに向かいます~rvcar

ホテルまでは1時間強、

白馬を走る国道148号線を左にそれ、

ほんまにこの道であってるの?

とくねくね道を上に上にと登っていく。

ナビが目的地を近い事を告げ

カーブを曲がると、目の前に広がる緑の景色に

赤い屋根の美しいホテルが現れる~happy01

E169

「信州に行ってきた~(その3 白馬を満喫)」に続く~dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

信州に行ってきた~(その1 大王わさび農場)

1/43 EBBRO

NISSAN SKYLINE GT-R(R34)

V-SPEC

004 007

005 008_3

006 009

まだ続いているR34・・・coldsweats01

R34のミニカー中でわたしが唯一保有1/43スケールの

R34 V-Specです。

rvcar rvcar rvcar

会社の夏期休暇を利用して、

今年も家族旅行に行ってきた~happy01

今年の旅行先は、信州~rvcar

車の運転をせんとあかんわたしは、

翌朝4:30に出発すべく

前日は、夜9:00には床に就くsleepy

迎えた当日4:30

信州に向けて出発~up

目指すは長野自動車道 豊科IC

そうそう、豊科ICは2012年10月7日、

「安曇野IC」に名称が変わりますよ~。

豊科ICまでは、

名神高速道路~東名高速道路~中央自動車道~長野自動車道を通り約4時間30分くらいrvcar

養老SAで途中休憩し、

恵那峡SAで朝食で~すhappy01

時刻は朝の7時過ぎ

朝から地元恵那鶏のから揚げ丼やら、味噌ラーメンnoodleを食し、

E042 E044

E043 E045

さらに、ソフトクリームやらシュークリームやらと食うわ、食うわcoldsweats01

まあ、これも旅行の楽しみのひとつですわなhappy01

腹ごしらえも終え、出~発ッ~sign01

途中全長8.5キロの長~い恵那山トンネルは

まっすぐで、前方フロントウィンドウ越しに見る外の景色は

代り映えしないトンネル内のライトが通過していくだけ・・・

早起きし、お腹も満腹のせいか、眠気が襲う・・・

嫁haaaaanに

「ガムかアメちゃんちょーだいッsign01

と渡された固形物を口に含む。

ショワワワ~

口の中は強烈な泡の超シゲキhappy02

(あわわわわぷっ○ょボールでした)

キクッ~sign03

これで一気に目が冴える。

京都を出発し、約5時間弱

豊科ICを降り、

最初に訪れた場所は、

安曇野にある「大王わさび農場」

E048

きれいな湧き水が流れる広大で美しいわさび田ですhappy01

E063 E068

まだ、朝10時になっていないのに、

駐車場にはかなりの車が止まっています。

入り口にある「魏石鬼八面大王」

E051_2その昔、安曇野の里に住んでいた魏石鬼八面大王。

全国統一を目指した大和朝廷の朝廷軍にたくさんの貢物や無理難題を押し付けられて苦しんでいた住民を見るに見かねて坂上田村麻呂の率いる軍と戦い続けた魏石鬼八面大王。

多勢を相手に引けをとることなく戦った大王でしたが、とうとう倒れてしまう。

大王があまりにも強かったため、息を吹き返す事を恐れた朝廷軍は大王の体をいくつかの場所に分けて埋めました。

胴体を埋められたという塚が、農場の中にあったことからこの地は大王農場と名付けられ、その塚は後に大王神社として祭られています。

魏石鬼八面大王は、大王農場の守護神であり、安曇野を守ってくれた勇士でもあります。

という事ですが、別の説もあるようですね。

左側に見える水車小屋は

E056
黒沢明監督の映画「夢」

のロケ地になった場所でもあります。

川下りもあるみたいです。

途中、裸足になって湧き水につかれるポイントがあります。

E060 E065

アルプスの湧き水、

めっちゃ、冷たいで~すup

E064

恵那峡でソフトクリームを食べたとこなのに、

E071 E072

またまたソフトクリームを食ってます・・・coldsweats01

本わさびソフトクリーム

わさびの辛さはなく、

少々わさびの風味が感じられる

濃厚でとっても美味しいソフトクリームでした~happy01

名水百選水飲み場

E067

売店前に止まっていた旧車が目にとまる。

パチリcamera

E075

2代目トヨタ パブリカピックアップですね~happy01

わさびは日本原産のハーブで、

すぐれた抗菌作用を持つ他、脳血栓や心筋梗塞を防ぐ作用や制ガン作用など医学的効果もあると言われている自然食品なんですね~happy01

農場内で、生わさびも販売されてますよ~。

歩いて見どころたっぷりの大王わさび農場でした~。

E050ちょっとそこまで30分コース

ちょっとのんびり1時間コース、

ゆっくり散策1時間30分コースと

時間に合わせたて好きなコースで散策出来ますよ~run

さて、大王わさび農場をあとにして、

次の目的地「黒部ダム」に向かいます~dash

「信州に行ってきた~(その2 黒部ダム)」に続くhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

今度は逆方向へ

Kyosho Beads Collection

XANAVI NISMO GT-R 2002

まだ続いてます・・・R34

シーズン途中で直6からV6エンジンへの

換装となったJGTC2002年シーズンのR34 #22

145 148

146 149

147 150

既にお馴染となっているレッド/シルバーカラーも

2002年から採用されたんですよね~。

モデルは、

VQエンジン搭載のシーズン後半戦の仕様でしょうかね?

bicycle bicycle bicycle

さて、

7月に腰のリハビリがてら息子と京都八幡木津自転車道

を久世橋~嵐山を走りましたが、

先日、同じ自転車道を久世橋から嵐山方面とは

逆の木津方面に向けて走りました~happy01

E080どこまで走ろうか

悩んだんですが、

あまりの暑さだったんで

とりあえず10キロ地点まで

走る事にbicycle

息子には途中途中で水分を取らせながら、

くそ暑い中、10キロ地点まで走りましたよ~。

E083_2

そこから折り返し、家に向かう。

トータル走行距離は24キロ。

今回も息子は泣き言ひとつ言わず頑張って走りました~happy01

E084

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

京の七夕

TOMICA LIMITED №0145

LOTUS EXIGE S

010 013

011 014

012 015

2012年7月発売のトミカリミテッド

ロータスエキシージS

エキシージはもともとエリーゼのワンメイクレース用に

開発されたスポーツエリーゼをベースとして、

市販モデル化されたマシン。

そして、スーパーチャージャーを導入したマシンが

エキシージS。

6月トミカリミテッドのアップの際、

「もっと、輸入車をモデル化してほしいですね~」

の声が届いたのでしょうか、

6月発売ベントレーコンチネンタルGTに続く

輸入車ですね~happy01

パールホワイトに輝くエキシージ、カッコいいです~happy01

run run run

以前、散歩で歩いた堀川遊歩道

(その際の記事は、こちら「橋の下をくぐって」をどうぞ~)

本日夜、

再び堀川遊歩道に行ってきた~。

というのも

旧暦の七夕にあわせて8月4日~8月13日まで

「京の七夕」というイベントが行われているんです。

行灯や友禅、光、竹を使った演出で、

情緒あふれる素敵な遊歩道になってますよ~。

メッセージ行灯

E117写真がどんくさくて、

何も書かれていないように

写ってますが

京都にゆかりのある方からの

メッセージが書かれていますよ~

光の友禅流し

E120 E122

竹と光のアート作品

E123 E125

竹と光のステキなアート作品が

たくさん展示してありますよ~

E129

上の方で放流された

淡いブルーの

「いのり星」が

とっても幻想的です

暫く歩くと

たくさんの人だかり

E131

光の天の川です

E133

E134 E135

願い七夕

E137

京友禅型紙によるなつかしのチンチン電車

E140

そして、

E143一条戻橋手前の

いこいの広場で

「京の七夕絵はがき短冊」を買うと

「いのり星放流券」が

付いてきますので

いのり星を放流できますよ~happy01

E142_2

息子も絵はがきを購入し、

願いを込めていのり星を放流しました。

涼しくて、情緒があって

幻想的で

想像以上に素敵なイベントでした~happy01

ちなみに、

遊歩道は南から北への一方通行となってますので

行かれる時を気を付けて下さいね~。

ふぅ~、

今晩はオリンピック女子バレー、男子サッカーに

大興奮でした~heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »